窓ガラスの修理は特殊工具が必要になるため、素人が行うことはできません。割れたガラスで怪我をすることもありますので、業者に依頼してできるだけ早く修理をすることが必要です。窓ガラスの修理をしてくれる業者は、電話帳などに記載しているので、なるべく自宅の近所にある業者を選んで連絡をします。窓ガラスの修理に備えて、あらかじめ依頼する業者を決めておくと、もしもの時に慌てずに済みます。業者の多くはホームページを開設していますので、ホームページを参考にするとサービスの内容や料金などがわかります。業者に連絡をする際には家のどの個所のガラスが割れたのかを伝えて、住所と電話番号を伝えます。到着時刻を確認できれば、業者が家に到着するまでの間に応急処置を行います。

窓ガラスが割れた時の応急処置の内容

窓ガラスの修理は業者に任せることが必要ですが、業者が自宅に来るまでの間に応急処置をすることも大切です。特に小さな子供がいる家庭や室内でペットを飼っている家庭は、子供やペットが割れたガラスで怪我をしないように速やかに応急処置をしておきます。応急処置をする際には、怪我を防ぐためにスリッパを履いて足を防護し、長袖の服を着用して軍手をはめて行うようにします。まずは大きなガラス片を集めて、集めたガラス片は新聞紙などにくるみダンボール箱に入れていきます。ガラスを集める時には慎重に作業を行うことが大切で、怪我をしないように注意して作業を行います。ガラス片の片づけが終わったら、窓ガラスに段ボール紙をガムテープで貼ります。そうすることによって、業者がくるまでは風が室内に入るのを防げます。

業者に窓ガラスの修理を依頼する時に知っておくべきこと

業者に窓ガラスの修理をしてもらう時には、どのようなガラスと交換するのかを決めることが必要になります。窓ガラスにはいろいろな種類があり、価格や強度が違ってきますので、業者の説明をよく聞いて最適なガラスと交換するようにします。ガラスの価格は強度があるほど値段が高くなりますが、強度があるガラスは割れにくいので、先々のことを考えると値段は高くなっても強度のあるガラスを選ぶのが賢明です。強度のある窓ガラスは強い台風にも耐えることができ、家族の生命と財産を守ってくれます。家の中でピアノなどの楽器を演奏する場合には、防音ガラスに交換すると楽器の音が外に漏れるのを防げますので、ご近所とのトラブルを回避することに繋がります。冬の寒さが厳しい地域では断熱ガラスにすると、寒い冬を快適に過ごせるようになります。